レッグプレス

足部

レッグプレス

「足全体の筋強化/お尻の引きしめ/膝関節の強化/ふくらはぎの運動」

注意点およびポイント
① つま先は、膝の高さと同じくらいの位置に置き、運動効果を上げるため、両足は肩幅と同じくらいに開きます。
② 息を吐きながら膝を伸ばし、息を吸いながら膝を曲げていきます。
③ 運動中は、腰・背中・頭をシートにつけて運動しましょう。
④ 脚を伸ばす際、膝が完全に伸展する一歩手前で止めましょう。(怪我の予防)
⑤ 動作中、内股、ガニ股にならないよう注意しましょう。(怪我の予防)
⑥ 膝に不安がある方は、つま先の向きを少し外側にし、膝の向きもつま先と同じ向きになるようにしましょう。
バリエーション
足のつま先を膝の高さより高く置き、かかと重心で運動を行なえば、大臀筋とハムストリングスにより強い負荷がかかります。
ワイドスタンス(両足の幅が広いスタンス)で運動を行えば、内側広筋・内転筋群により強い負荷がかかります。(つま先は少し開く)
ナロースタンス(両足の幅が狭いスタンス)で運動を行えば、大腿四頭筋外側の外側広筋により強い負荷がかかります。(スタンスは腰幅くらい)
プレートの一番下につま先を置き、膝関節を伸展させたまま足関節を底屈させるとふくらはぎの運動ができます。(片足でも可)
レッグプレス

マシン一覧へ戻る

  • 入会登録
  • 諸手続き
  • 営業カレンダー
  • はっぴープラスWELBOX
  • WEB入会のお問合せ049-279-5071
FEATURE
  • と~ぶキッズサイトボンボキッズ
  • EKIMISE浅草
  • 東京スカイツリータウン
  • 東武スポーツ
ページトップへ