ラットマシン

背中

ラットマシン

逆三角形の背中/肩こり解消/肩甲骨の可動域向上

注意点およびポイント
① グリップは、肩幅よりこぶし2つ分くらい広い幅で左右対称に握ります。
② 息を吸いながらバーを首の後ろに引き下げ、息を吐きながらゆっくりと戻します。
③ 引く際には、腕でバーを引くというより、両肘でバーを引きおろすよう意識して行います。
 (肩甲骨への意識のため、肘を体側に寄せるように引く)
④ 各関節の負担軽減のため、バーは首(後頭部の付け根)より下まで引かないようにします。
バリエーション
グリップ幅を広げると広背筋外側の収縮がより強くなり、グリップ幅を狭めると広背筋内側の収縮が強くなります。
フロントプル:バーを身体の前、胸部上部(鎖骨付近)に引くことで背中の収縮を強められ
ます。上半身は胸を張り、少し後傾姿勢にすると背中を意識できます。
リバースグリップ:バーを逆手で握り、バーを胸の上部(鎖骨付近)に引き下ろすことで上腕の
筋肉と背部中央・肩周囲の筋肉の運動ができます。
ラットマシン

マシン一覧へ戻る

  • 入会登録
  • 諸手続き
  • 営業カレンダー
  • はっぴープラスWELBOX
  • WEB入会のお問合せ049-279-5071
FEATURE
  • と~ぶキッズサイトボンボキッズ
  • EKIMISE浅草
  • 東京スカイツリータウン
  • 東武スポーツ
ページトップへ